今、一番新しいカタチの介護
看護小規模多機能型居宅介護サービス

NEWS

  • 2018.12.25 ホームページをリニューアルしました。

看護小規模多機能型
居宅介護とは

  • 長期の在宅療養を可能にするため

    複合型サービスは、日々医療・介護の現場にいる人たちの声から見えてきた課題を解決するための新たな介護保険の事業形態として、平成24年4月に創設されました。

  • 新しい介護の形を・・・

    ご自宅での生活や住み慣れた地域で暮らしたい。そんな希望にお応えできるサービスが複合型サービスといえます。

  • 一体的かつ柔軟なサービスで緊急時にも対応

    複合型サービスは、24時間365日の運営で「通い」「泊まり」「訪問看護」「訪問介護」を一つの事業所が提供します。 サービスの管理は複合型サービス事業所に配置されたケアマネジャーが一元的に管理します。 そのため、利用者様やご家族様の状況に、可能な範囲で対応できる柔軟なサービス提供ができるようになり、 状態の変化などによる急な「泊まり」の受けや夜間の自宅訪問などにも対応できる体制を整えてます。

  • 24時間365日の運営で「通い」「泊まり」「訪問看護」「訪問介護」の4つのサービスを1つの事業所が提供します。
  • 要介護度に応じた月額固定の包括報酬です(宿泊費・食事代等の費用は別途)。利用頻度や回数による利用金額の変動がなく、安心して利用ができます。

複合型事務所
(小規模多機能型居宅介護と訪問介護)

  • 要介護度が高く、医療ニーズの高い高齢者に対応するため、看護職員が居宅介護サービスに加え、必要に応じて訪問看護を提供できる仕組みとなっています。
  • 別々の介護サービス事業者からサービス提供を受けるよりも、複合型サービスに配置されたケアマネージャーによるサービスの一元管理のもと、1つの事業にて同利用者のニーズに応じた柔軟なサービス提供が可能になります。